長野県宮田村にある100%信州産大豆を使用したとうふ・かりんとう工房です
いらっしゃいませ
宮田とうふ工房では、どれも厳選された信州産大豆と中央アルプスのおいしい水をつかって、豆腐職人たちが「本当のとうふ」を目指し、こだわりぬいた製法で丹誠こめてつくりあげています。だから、安心・安全そして美味しくいただけます。

信州産大豆100%使用


おすすめ商品
宮田とうふ工房ネットショップでの、取り扱い商品一覧です
店長日記
年末・年始の営業ご注文受付について
2017年1月1日・2日 アンテナショップは休業致します。

■ 営業について
年内:2016年12月31日(土) 営業時間 9:30~15:00まで
年始:2017年 1月 3日(火) 営業時間 9:30~15:00まで
※ 2017年1月4日(水)より通常営業(9:30~18:00)です。

■ インターネットご注文について
年内:2016年12月28日(水)まで(15:00まで)
年始:2017年 1月 5日(木)から

■ 電話・FAXでのご注文について  
年内:2016年12月31日(土)まで
年始:2017年 1月 3日(火)から


アルプスの肥沃の大地で育ったナカセンナリ、だから甘く旨味凝縮 宮田とうふ工房が用いるのは全て地元、信州の大地で育まれた大豆品種「ナカセンナリ」。 標高3000メートルの「日本アルプス」に囲まれた肥沃な大と、清らかな水は大豆をつくるにも最適な場所です。 だからこそ、ふんわりと口に広がる上品な甘みと大豆本来のうまみをあわせ持つ「ナカセンリ」が"本物"を創り出すのです。 工房で加工過程に用いるのも、もちろんアルプスを水源とした豊かで良質な村の水です。私たちが創りだそうとしても、つくることができない。 こんな自然の豊かさにも恵まれて、おいしいとうふは出来上がります。 知ってほしい5つのポイント 安全安心の大豆づくり 地域とともに 宮田とうふ工房は、ただとうふをつくるだけのメーカーではありません。 原料となる大豆の仕入れや生産調整も、自社管理で行っています。 年間35トンに及ぶ「ナカセンナリ」を確保するには地元農家の皆さんの理解が不可欠。安定した生産供給の実現を図りながら、品質を落とさないおいしい大豆づくりが求められます。 生産者の顔が見えて安心安全は当たり前。地域の農業とともにとうふづくりにまい進しています。
  
Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス